スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 (産経新聞)

 生活保護の受給者が引っ越したように装い、大阪市から転居に伴う敷金や運送費の扶助をだまし取ったとして、府警捜査2課は30日、詐欺容疑で、自称NPO法人「あけぼのの会」(旧・あしたばの会北大阪支部)代表の畑勲容疑者(47)=大阪市北区=ら3人を逮捕した。大阪・西成周辺で生活困窮者らを勧誘して囲い込み、保護費の一部を取り込む貧困ビジネスを展開していたとみられる。

 あけぼのの会代表の畑容疑者は逮捕前、産経新聞の取材に、不正への関与を否定していた。一問一答は次の通り。

 --団体の活動は

 「わたしたちが目指しているのは、お金に困っている人にいろんな形でアドバイスすること。必要性を感じたら、生活保護の申請に同行することもある」

 --路上生活者を勧誘しているのでは

 「勧誘なんてしていない。口コミで広がっている。困窮した人が『食べられへんようになった』と訪ねてきたら、じゃあ食事を用意しましょう、部屋も今日から見つけましょう、と取りかかる。相談料とか手数料とか、お礼のたぐいは一切受け取っていない」

 --支援をうたい、生活保護費の一部をとりこむ貧困ビジネスが問題になっているが

 「うちは悪徳業者とか『囲い屋』とは違う。大阪市とは考え方に違いがあるが、行政が間違うこともある。われわれは大阪市や府、厚生労働省まで見解をただしたうえで、はっきりモノを言う。だから役所には煙たがられているのだろう。行政は弱者の味方になってほしい」

【関連記事】
「弱者の味方」実体は… 敷金扶助、群がる不動産業者
貧困ビジネスで詐欺 大阪の自称NPO代表ら逮捕
海外支援の行方 食事代の一部が給食費に
【古往今来】豊かさ、幸せとは
貧困対策に1800億円 米ウォルマート
iPadが上陸

釣具店に55歳が刃物強盗 大阪(産経新聞)
米兵の子1人を起訴=路上ロープ傷害事件―東京地検支部(時事通信)
SS代表が監視船侵入を提案…元船長初公判(読売新聞)
電離層?列車無線10キロ先で誤受信、JR1万人影響(産経新聞)
<痴漢容疑>警視庁警部補を不起訴 容疑不十分で…千葉地検(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさよりくん

Author:まさよりくん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。